2017.08.04Friday, August 4, 2017

MIKIKOの演出術「気持ちをハモらせることに時間をかける」(後編)

MIKIKO
演出振付家
菅野薫
株式会社電通 CDC/Dentsu Lab Tokyo エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジスト

GINZA PLACEの「common ginza」を舞台に、さまざまなジャンルのつくる人たちを招いて「トークイベント+α」を発信していく「パノラマトーク」。第3回は「『演出振付家』という仕事、MIKIKOの演出術とは?」というテーマで、「恋ダンス」からリオ2016大会閉会式東京2020フラッグハンドオーバーセレモニーまで、国内外で幅広い活躍を続ける演出振付家のMIKIKOさんと、MIKIKOさんと一緒に数多くのプロジェクトを手がけ、最先端のテクノロジーで広告やアートシーンに新たな影響を与え続けているクリエーティブディレクターの菅野薫さんによるトークが行われました。

日時:2017年6月9日(金)19時〜
場所:GINZA PLACE内「common ginza
企画プロデュース:電通ライブ クリエーティブユニット 金原亜紀 編集協力:松永光弘 写真撮影:船本諒
当日のイベントの様子はこちら(動画)

(左から)MIKIKO氏、菅野氏

応援してくれる人をがっかりさせない

菅野:実はもうひとつ、MIKIKO先生とお仕事をさせていただいているなかで、すごいなと思っていることがあるんです。先生って、伝えたいことや実現したいことがいつも明快ですよね?

MIKIKO:それはライブに関してですか?

菅野:いま僕が言おうとしているのはそうです。例えば、2013年にカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル※1で、Perfumeのパフォーマンスをやりませんか、とお誘いしましたよね? あのときもMIKIKO先生は、日本にはたくさんのファンがいて、見たくても全員がライブを見られないような状況になってきているなかで、あえて海外に行くということを考えると、現地に足を運べないファンのみなさんにも楽しんで関わってもらえる仕組みが欲しい、と最初におっしゃっていました。その2年後にテキサスで開催されたSXSW※2でPerfumeのライブをやったときも、やっぱり同じようなことをおっしゃられて…。

※1「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」……フランスのカンヌで毎年開催される世界最大級の広告イベントおよび広告賞。

※2「SXSW」……アメリカのテキサス州オースティンで毎年開催される、音楽、映画、インタラクティブ表現をテーマにした大規模イベント。「サウス・バイ・サウスウエスト」と読む。

MIKIKO:確か、SXSWのほうは、ライブハウスがものすごく狭かったんですよね。だったら、その場で見られる人が少ないのだから生中継しよう、というお話になって…。

菅野:そうです、そうです。で、そこからさらに、どうせ中継するなら、現地にいる人とは異なる“中継でしか見られないもの”を見てもらおうという話になり、最終的には、真鍋大度くんとRhizomatiksチームの素晴らしいアイディアと技術で、ライブ中継とバーチャル映像を行ったり来たりするような表現になったんです。

結果的にいいものになったと思うのですが、でも、それは出発点に、ライブ中継でしか見られない人にも、素敵な体験を用意してあげたい、だから、ライブ中継ももっと面白くしたい、という先生の思いがあったからだと思うんですよ。

MIKIKO:Perfumeに限ったことではないのですが、いちばん長く応援してくれているファンの方が、がっかりすることはしたくないんです。自分が応援している子たちが大きくなっていくのはうれしいけれど、寂しくもありますよね。日本から世界に出て行くのも、うれしいけれど寂しい。そういう気持ちを大切にしつつ、きちんと、応援したいと思えるものをやりに行っている、という証しを見せないといけないなとは、ずっと思っていますね。

菅野:その気持ちはよく分かります。そうやってみんなから応援してもらえるから、Perfumeの3人もたくさんの勇気をもらって、堂々世界の大きな舞台に立てるということもあると思います。

MIKIKO:海外でライブをやれば、それだけでハクが付くようなところがあります。お客さんがたくさん入っていようがいまいがハクは付きます。でも、だから何でもいいというような薄っぺらなことはしたくないんです。必ず日本の人にも届くもの、応援したいと思えるものをやりたい。SXSWもそうですし、確か、カンヌのときもそういう話をしましたよね?

菅野:そうでしたね。でも、それって、すごく難度が高いんですよ。Perfumeを海外に連れていくだけでも大変なのに(笑)。ただ、僕自身も、そういうお題をもらって、何がやれるのかなと考えているときがいちばん面白いですし、MIKIKO先生とPerfumeと一緒にやっているチームは、そういうときにさらにすごい能力を発揮しますよね(笑)。

テクノロジーを消していく

菅野:いろいろお手伝いさせてもらいましたけど、Perfumeはやっぱりすごいですよね。SXSWのあの狭いライブハウスでも、彼女たちは全力でやってくれるんですから。正直なところ、かなり厳しい環境ですから、「さすがに、できるのはここまでです」なんてことも言われるかなと思っていたのですが、実際には全力でフルサイズのライブをやってくれました。いつも以上に言葉が通じなくても、普段と同じようにファン向けのコーナーまでやっていましたし…(笑)。日本なら東京ドームを何日間もいっぱいにするような人たちなのに、ものすごく小さな会場でも一切手を抜かない。でも、その原点はやっぱり、先生の「中継で見ている人たちにも楽しんでもらいたい」みたいな気持ちだと思うんです。

MIKIKO:カンヌのライブにしても、SXSWのライブにしてもそうですが、逆に私のほうはテクノロジーを使って、あそこまでのものができるとは思っていなかったですね。そのくらい達成感の感じられたお仕事だったと思っています。ただ、私の仕事は、そのテクノロジーを消していくことだったりもします。やっぱり「最後に残るのはPerfumeの3人」ということにしなくてはいけないので。

菅野:それはそうですよね。テクノロジーの存在が勝つと、軽々しく最先端テクノロジーがすごいというだけの話になってしまう。そうならずに、テクノロジーという素晴らしい手段を使って、Perfumeの3人をどう輝かせるか。

MIKIKO:そこはテクノロジーと私とのバトルでもあるんですけど(笑)、やっぱり、テクノロジーを使うときは、ちゃんとストーリーのある使い方にしなければいけないとは思いますね。

菅野:そのぶん、逆にPerfumeにも強くあることが求められるわけで、演出としてはまさに戦いどころです。やっぱり、「Perfumeは素敵だったね」という印象が残るべきで、その裏側にテクノロジーがあった、という順の語られ方が正しい。MIKIKO先生とは、いつもそこのところを話し合っている気がします。

でも、それもやっぱり、先に先生の思いがしっかりとあって、それをかたちにするから、うまくいくんだと思うんですよ。テクノロジーの使い方を考えるときも、その思いと伝えたいストーリーの部分がないと迷うんです。そうなると、何だかかっこいいだけ、みたいなことになってしまいがちで。僕は広告の人なので、主体が伝えるべきストーリーを見つけないかぎり、何もできない。いきなり表現手段から決まることはないので。逆に言えば、言葉も、デザインも、テクノロジーも、伝えるべきことが見つけられれば、必然的に適切に使えるようになると思うんです。

仕事は「自分の問題」

菅野:それにしても、MIKIKO先生は、たくさん仕事をされていますよね。びっくりするくらい。仕事を減らしたりはしないんですか?

MIKIKO:減らしてきているほうだとは思います。でも、振りをつくる時間をスケジュールのなかに組み込んでいないので、必然的に夜中まで作業して、そのまま朝から出かけて…、みたいになるんです。

菅野:スケジュールのなかに振りをつくる時間を入れないのは、何か理由でも?

MIKIKO:そこは自己満足の世界なんです。別に事前に振りをつくっていかなくても、現場でいきなりつくることもできなくはないんですよ。もう慣れていますから。だけど、そういう姿勢が、自分では嫌なんです。しっかり準備しているほうが、自分で納得できるというか。だから、朝まで作業しているのも、そうしなければいけないわけじゃなくて、自分の問題なんです。

菅野:すごすぎて、ぐうの音も出ませんが…。Perfumeとか、ELEVENPLAYとか、自分が心血を注いでいるプロジェクトがあって、さらにリオオリンピックとか、パラリンピックとかの大きな仕事があったりする。ふつうならそれだけでも大変なのに、他にもたくさん手掛けておられますよね。ゲームの振り付けもされていませんでしたっけ?

MIKIKO:ああ、あれは姪っ子が好きなゲームなので、喜ぶかなと思って。それも自分の問題です(笑)。

菅野:リオの現地でも何かされていましたよね? フラッグハンドオーバーセレモニーの制作打ち合わせが夜中に解散になって、翌日も朝からリハサールがあるというのに、「これから、ちょっと振り付けがあって…」って。

MIKIKO:それは「恋ダンス」ですね。

菅野:はい。「恋ダンス」でした。あれがヒットした影響で、「みんながまねしたくなるようなダンスをお願いします」という依頼が更に増えているとか…。

MIKIKO:昔から「みんながまねできる、簡単なものをつくってください」という依頼はけっこうあったんです。「MIKIKOさんの振り付けは難しいから」というかっこ付きで(笑)。でも、恋ダンスがはやってからは、「ちょっと難しいものをお願いします」と言われるようになりましたね。ちょっと難しいくらいが挑戦しがいがあって真似したくなるという風潮になってきたように思います。

乗り越えて「いいもの」を生み出す

菅野:今日の「先生は先生である」という話からすると、振り付けだけをお願いするのは、もったいないオファーの仕方だと僕なんかは思っちゃいますけど…。まあ、それはさておき、先生と関わった仕事では、相当なピンチな状況も一緒に直面してきましたが、先生はそういう逆境にも強いですよね。フラッグハンドオーバーセレモニーの制作のときも、クリアすべき課題が山積して、時間もないし、いよいよ大変なことになってきたなと思っていたら、MIKIKO先生から「やる気しかない!」というLINEのメッセージが送られてきて…。あれにはびっくりしました。

MIKIKO:どんなときも「死にはしない」と思いながらやっていますけど、その一方で、やばい、やばい、と追い詰められないと燃えないようなところもあるんです。何か絞り出さなくては、という状況は嫌いではないですね。

菅野:確かに、条件が厳しいときこそ、全員がいつも以上の高い能力を発揮して、いいものが生まれやすいということはあります。フラッグハンドオーバーセレモニーもそうでしたし、カンヌやSXSWのPerfumeのライブも、みんなで頑張って乗り越えた結果、いいものが生み出されていますから。仕事をお願いするほうとしては、すごく心苦しいのですが…。

MIKIKO:いわゆる「発想を変えざるをえない状況」ですよね。それはそれで意味があると思っています。あと、あまり先のことまであれこれ考えたり、想像したりはしませんね。

菅野:じゃあ、いま目の前にあることにちゃんと向き合って、よし、これをやっていこう、という感じですか?

MIKIKO:そうです。でも、明日やめてもいい、とも思っています。

菅野:ますます、すご過ぎるのですが…(笑)、何か、こうありたい、こんなふうに生きていきたい、というイメージとか、座右の銘みたいなものとかってあったりするのですか?

MIKIKO:ココ・シャネルの「20歳の顔は自然からの贈り物、30歳の顔はあなたの生きざま、50歳の顔はあなたの功績」という言葉は、昔からずっと好きですね。年を重ねてできたシワを隠すのではなくて、美しく刻んでいくことは、女性としての喜びだと私も思うので。だから、そのとき、その年齢でしか味わえないものを楽しむようにはしています。30歳になったら30歳になったで、「30歳ってこういうものなんだ」と味わいながら生きる。ちょっと客観的ですけど。

菅野:初めて経験する立場を楽しもう、と。

MIKIKO:そう。この年齢は、思っていたより悪くないな、とか思ったり(笑)。

菅野:やっぱり前向きですね。人生の楽しみ方を知っているとも言えるかもしれませんが。

MIKIKO:でもね、最近はさらに境地というか、目指すところが変わってきているんです。「棺おけに入ったときの顔がいちばんきれいだといいな」なんて思い始めていて…。隅々まで生きた! という感じがいい、と。

菅野:ああ、それは確かに素敵です。真摯にやりきっている感じが、すごくMIKIKO先生らしいですね。

(了)

Planner's eye

「演出振付家」という仕事を、ここまでのスケールや高みで実現している方は、日本ではMIKIKOさんの他にはなかなか見当たりません。19歳の時から振付家として「先生」をやっていると言っていたように、まさに「先生」と呼ばれるような人が持つべき資質を全て備えた方です。
自らの振る舞いは厳しく律し、しかし他者には限りなく優しく共感や思いやりに満ちている。女性らしい細やかさ、美しさと、サムライのような決断力。そして、そのような凄いクリエーションを生み出しながら、「明日やめてもいい」と言い切り、いまの仕事に全身全霊を懸けている強さ。一緒に仕事をしている菅野さんが舌を巻き、仲間たちがみな尊敬する理由がこのトークでもよく伝わったと思います。
参加された若い女性が、質問のときに(MIKIKOさんの答えやアドバイスに)、感激のあまり涙を浮かべていたのが印象的でした。

金原 亜紀 株式会社 電通ライブ クリエーティブユニット第2クリエーティブルーム 1983年電通入社。 テレビ、新聞セクションを経て、電通の広報誌「advertising」の編集長を10年間務め、100冊以上の雑誌、20冊以上の単行本を企画編集する。
その後、人材育成の分野で「電通デザイントーク」「電通デザイン・イノベーション・ワークショップ」「創発ラボ」など、トークイベントやビジネスインキュベーションのワークショップを企画。
現在は、電通イベント&スペース・デザイン局を経て、2017年設立の電通ライブに出向中。新しい「経験デザイン」の進化を研究している。
「電通デザイントーク」は2005年に立ち上げ今も継続し、『AdverTimes』『ウェブ電通報』で連載中。2017年4月に銀座4丁目の「GINZA PLACE」で立ち上げた、電通ライブ「パノラマトーク」の企画プロデュース、コンテンツの編集発信も行う。

  • MIKIKO 演出振付家 ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume、BABYMETALの振り付け・ライブ演出をはじめ、さまざまなPV、CM、舞台などの振り付けを手掛ける。メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く、新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ演出家として、ジャンルを超えてさまざまなクリエーターとコラボレーションしている。

  • 菅野薫 株式会社電通 CDC/Dentsu Lab Tokyo エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジスト 2002年、電通に入社。テクノロジーと表現を専門に幅広い業務に従事。本田技研工業のインターナビ「Sound of Honda /Ayrton Senna 1989」、Apple AppStoreの2013年ベストアプリ「RoadMovies」、東京2020招致最終プレゼン「太田雄貴 Fencing Visualized」、国立競技場56年の歴史の最後の15分間「SAYONARA国立競技場FINAL FOR THE FUTURE」企画演出、BjörkやBrian Enoとの映像プロジェクトなど、活動は多岐にわたる。JAAA クリエーター・オブ・ザ・イヤー(2014年、2016年)、カンヌライオンズ/チタニウム部門グランプリ、D&AD Black Pencil、文化庁メディア芸術祭大賞、Prix Ars Electronica栄誉賞など、広告・デザイン・アートをはじめとする国内外のさまざまな領域で受賞多数。

最新の関連記事