Photokina2018 FUJIFILMブース

富士フイルム

2018年9月26日(水)~2018年9月29日(土)

ドイツ ケルン見本市

「写真のある生活」を空間で表現

写真があることで毎日の暮らしが少し特別なものになることを、富士フイルムの各種製品・サービスを通じて訴求する、空間演出を行った。

◆写真のさまざまな飾り方、楽しみ方を見せる

instaxコーナーでは、instaxグローバルパートナー「テイラー・スウィフト」が出演する動画やグラフィックをダイナミックに展示し、instaxブランドの魅力を強力に訴求した。新製品「instax SQUARE SQ20」用のシューティングオブジェクトにはドイツのレゴ職人がデザイン・製作したユニークなレゴ造作を前面に押し出し、ブースの顔として注目を集めた。

また、部屋を模した空間でバリエーションに富んだinstaxプリントの飾り方を提案する展示コーナー「Anywhere is a Gallery」を設け、instaxのアート性や質感、楽しみ方を表現した。
WALL DÉCORコーナーでは、ドイツのELLE DECORとコラボレーションし、部屋に「写真を飾る」ことの魅力を、洗練された世界感で演出した。

さらに、写真の楽しみ方を発信する写真店として、世界26カ国で展開している「Wonder Photo Shop」を再現したコーナーでは、多彩な製品・サービスを展示、訴求した。